スペインサッカー連盟(RFEF)は7日、負傷したバルセロナのDFジョルディ・アルバの離脱を発表した。代わりに、アーセナルのDFナチョ・モンレアルを追加招集する。

ジョルディ・アルバは、6日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のイタリア代表戦に出場。しかし22分に負傷交代していた。バルセロナによると、ジョルディ・アルバは左太モモの裏を負傷しており、10日間程度の離脱になるとのことだ。

モンレアルは、アーセナルで左サイドバックのレギュラーとして活躍。ここまでスペイン代表で16キャップを記録している。最後に招集されたのは、2013年11月の南アフリカ代表との親善試合となり、約3年ぶりのスペイン代表復帰となる。