プレナスなでしこリーグ1部の第16節が8日に行われ、敵地でベガルタ仙台レディースに1-0で勝利した日テレ・ベレーザが、リーグ連覇を達成した。

リーグ5連勝で連覇に王手をかけたベレーザは、敵地で仙台レディースと対戦。勝てば優勝が決定するプレッシャーのかかるゲームでやや硬さが目立つベレーザだったが、ゴールレスで折り返した後半の70分に直近2試合で8ゴールを記録し、得点ランキングトップに立つFW田中美南が、今季18ゴール目となる先制点を奪取した。

このリードをリーグ15試合でわずか6失点の堅守がきっちり守り切って、敵地で1-0の勝利を収めた。この結果、ベレーザは2節を残してリーグ2連覇を達成した。

なお、既になでしこリーグカップを制し、今季2冠のベレーザは、今月22日から開催される皇后杯で2007年以来のシーズン3冠を目指す。

プレナスなでしこリーグ1部順位表(10/8)
(勝点/試合数/勝/分/負/得失点)
1.日テレ・ベレーザ(41/16/13/2/1/+40)
2.INAC神戸レオネッサ(31/16/9/1/5/+15)
3.AC長野パルセイロ・レディース(31/16/10/1/5/+1)
4.ベガルタ仙台レディース(28/16/9/1/6/+5)
5.アルビレックス新潟レディース(21/15/6/3/6/-5)
6.伊賀フットボールクラブくノ一(18/15/5/3/7/-2)
7.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(17/15/4/5/6/-5)
8.浦和レッドダイヤモンズレディース(13/15/4/1/10/-7)
9.コノミヤ・スペランツァ大阪高槻(11/15/3/2/10/-20)
10.岡山湯郷Belle(10/15/3/1/11/-22)