昨シーズン限りでラツィオを退団し、現在フリーとなっている元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ(38)だが、アジアでのプレーを考えているようだ。

クローゼは、昨シーズン限りでラツィオを退団した後、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やブンデスリーガ復帰の可能性が報じられていた。

そんな中、今夏ストーク・シティから獲得したFWホセルが負傷離脱し、代役としてクローゼの獲得に動いていたデポルティボだったが、リカルド・バラルSD(スポーツ・ディレクター)がスペイン『ラジオ・マルカ』でクローゼについてコメント。獲得に失敗した経緯を明かす中で、アジアでのプレーの可能性があることを明かした。

「クローゼは偉大なプロ選手だ。よく知られている選手だね。年齢に関係なく、昨シーズンはイタリアで7ゴールを決めている」

「問題はお金ではない。彼と話をしたけど、彼はアジアや中国での経験を考えているようだ」

ドイツ代表として137試合に出場し74得点を決めているクローゼは、4度ワールドカップに出場し16得点を記録。ドイツ代表、ワールドカップでの歴代最多得点を記録している。

Jリーグや中国スーパーリーグを始め、アジアの国内リーグはシーズン終盤に差し掛かっており、新シーズンスタートを迎えているのはオーストラリアのAリーグとなる。果たしてアジアのクラブに加入するのだろうか。