バルセロナが、ボルシアMGに所属するデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(20)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。

現在、チェルシーからのレンタルでボルシアMGでプレーしているクリステンセンは、3バックと4バックを併用するチームの若きディフェンスリーダーとして好パフォーマンスを継続している。

バルセロナは、先日のチャンピオンズリーグで対戦した際のパフォーマンスを高く評価しており、将来的にスペイン代表DFジェラール・ピケの相棒として、クリステンセンの獲得を考慮している模様。『サン』の伝えるところによれば、バルセロナは同選手の獲得に向けて、2000万ポンド(約25億6000万円)ほどのオファーを準備しているようだ。

なお、クリステンセンの保有元のチェルシーは、開幕から最終ラインに問題を抱えているが、アントニオ・コンテ監督はプレシーズンでの同選手のパフォーマンスなどから、あまり評価をしていないようだ。そのため、適切なオファー次第で放出に踏み切る準備があるようだ。