マンチェスター・ユナイテッドは、スペイン代表MFフアン・マタ(28)に新たに長期契約を打診しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

2014年1月にチェルシーからユナイテッド入りしたマタ。2017-18シーズン限りで契約が満了を迎える中、今夏にチェルシー時代に冷遇されたジョゼ・モウリーニョ監督が指揮官に就任したことで、マタの去就に関する報道が後を絶えなかった。

しかし、モウリーニョ監督は今シーズンのここまで公式戦9試合でマタを起用。先日には、ポルトガル人監督から「チェルシーのときとユナイテッドでのマタは、私のプロジェクトの中では別」だとマタを構想に含んでいることが明らかにされていた。

伝えられるところによれば、マタのパフォーマンスぶりはモウリーニョ監督の予想範囲を超えるものだったとのこと。これを受けて、ユナイテッドはスペイン人プレーメーカーに新契約を提示することにしたという。