ナポリは9日、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことをクラブの公式サイトで正式発表した。10日に手術を受けることも併せて明らかにされている。

今夏にアヤックスからナポリに加入したミリクは、ここまで公式戦9試合出場でチーム最多の7ゴールを記録。同時期にユベントスへと移籍したFWゴンザロ・イグアインの穴を埋める活躍を見せていた。

なお、全治に関する詳細はクラブから明らかにされていないものの、『カルチョメルカート』が伝えたところによれば全治まで6〜8カ月を要する見込み。これが事実ならば、前半戦どころか、後半戦での復帰も危ぶまれる。