スペイン代表FWノリートが、アルバニア代表戦の快勝に満足感を示している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。

スペインは9日、ロシア・ワールドカップ欧州予選第3節でアルバニアとアウェイで対戦。自陣で守備ブロックを敷くアルバニアを相手に手を焼くスペインだったが、55分にジエゴ・コスタのゴールで先制すると、63分にはノリートが追加点を奪い2-0で勝利した。

途中出場ながら1ゴールを奪う活躍を見せたノリートは、今後も引いて守るチームを相手にしなければいけないだろうとコメント。厳しい戦いを強いられる中で、アルバニアのブロックをこじ開けることができたことに手ごたえを感じているようだ。

「相手は11人が自陣で守りを固めているような状態だった。どんなチームでもそのブロックを突破することは難しい。でも今日の僕らはうまく戦えたと感じている。この勝利は自信になるね」

「アルバニアは素晴らしいチームだと思う。良い選手も多く、自分たちのやるべきことに徹していた。僕らの対戦相手は常に閉店しているような状態だ。そこを開けさせなければいけない。今日はピッチも最高な状態ではなくて難しい戦いだったよ」