11日に、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4戦で日本代表と対戦するオーストラリア代表のアンジ・ポステコグルー監督が、自身の見解を述べた。『ESPN』が報じている。

日本と同じグループに属するオーストラリアは、ここまでの3試合を2勝1分けで終え、グループ首位に立っている。

日本だけでなく、オーストラリアにとっても重要な一戦となる一戦を前にポステコグルー監督がコメント。日本のJリーグがアジアで一番だと語った。

「私の見解では、Jリーグがアジアで最高のリーグだろう。Jリーグが進んでいる道を賞賛するよ」

「彼らは若手を育てる一番の国だ。その点では、我々はかなり後方に位置している」

国内リーグのレベル差、そしてユース年代のクオリティの差を語ったポステコグルー監督だが、A代表では引けをとらないとコメント。日本戦は高いクオリティの試合が見られると語った。

「我々が唯一戦えるのは、ナショナルチームのレベルだけだ」

「私は、オーストラリアと日本の間には相互にリスペクト、そして賞賛があると思っている。ピッチでプレーする選手を見た時、高いクオリティの試合と、その試合でサポーターたちがエキサイトする姿が見られるだろう」