Jリーグは11日、9月度の明治安田生命Jリーグ月間MVPを発表した。J1はヴィッセル神戸のFWレアンドロが選出された。レアンドロは2013シーズン(当時J2のガンバ大阪)以来2度目の受賞となる。

レアンドロは9月に行われたリーグ戦全3試合にフル出場。4得点を記録しチームの無敗に貢献していた。Jリーグ公式サイトは長沢の受賞コメントを紹介している。

FWレアンドロ(ヴィッセル神戸)
「9月のJ1月間MVPに選んでいただき有難うございます。ヴィッセル神戸の選手として選ばれた事を本当に嬉しく思います。先ず、この受賞に関しては、決して1人で選ばれた訳ではないと思います」

「いつも一緒に努力し戦っている仲間。僕たちを鼓舞し支えてくれている監督・スタッフ・クラブの関係者一同。そして、いつも僕たちを信じて、最後まで応援してくれているサポーター。ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様のおかげでチームは好調を維持し、今回、クラブを代表してこの賞をいただくことが出来たのだと思います。シーズンも終盤になりますが、タイトルの可能性に向けて邁進していきたいと思いますので、これからもヴィッセル神戸の応援をよろしくお願いします」

また、Jリーグはレアンドロの選出について選考委員会による総評を紹介している。

「9月に行われた全3試合にフル出場しリーグ内1位となる4得点をマーク、チームの無敗に貢献。9月の攻撃面でのデータをみると、シュート数13本のうち枠内シュート数が1位タイとなる7本(53.8%)、ゴール数が4点と数値が軒並み高い」

「両足でのシュートやヘディングなど多彩なゴールが特徴的であり、どこからでも得点ができるため、相手守備陣は一切気を抜くことができないストライカーである。試合を決定づける得点により、チームを2ndステージ優勝争いに導いている点が評価された」