ヴァンフォーレ甲府は12日、V・ファーレン長崎に期限付き移籍していたFW松本大輝(25)との契約解除を発表した。

松本は、今シーズンから期限付き移籍で長崎に加入。しかし、日本サッカー協会選手契約書内第9条①(5)にある「クラブの秩序風紀を乱す行為」があったとし、本人とクラブ双方合意の下、9月30日付で契約を解除したとのことだ。なお、長崎は期限付き移籍の終了を発表している。

熊本県出身の松本は、大津高校から法政大学へと進学し、2014年に甲府に入団。2シーズンでJ1通算14試合に出場していた。今シーズンは長崎へ期限付き移籍し、J2で14試合2得点を記録していた。