J1の横浜F・マリノスは12日、DF栗原勇蔵が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4〜6週間と診断されたことを発表した。

栗原は、今月5日に行われた2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第1戦のガンバ大阪戦で負傷。7日に川崎市内の病院で検査を受けた結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断された。

なお、栗原は今シーズンのリーグ戦で12試合に出場し、1ゴールを記録していた。