日本サッカー協会(JFA)は11日、2017年に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のホームゲーム2試合を埼玉スタジアム2002で開催することを発表した。

日本は、ホームゲームを残り3試合残しており、11月15日にサウジアラビア代表と埼玉スタジアム2002で対戦することが決定していた。

2017年には、3月28日(火)にタイ代表と、8月31日(木)にオーストラリア代表との試合が組まれているが、どちらも埼玉スタジアム2002での開催が決定。ロシアW杯アジア最終予選のホームゲーム全試合が埼玉スタジアム2002で行われることになった。