オーストラリア代表のアンジ・ポステコグルー監督は、日本代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選後にコメントした。オーストラリアサッカー協会の公式サイトが伝えている。

日本をホームに迎えたグループB首位のオーストラリアだったが、前半5分にFW原口元気にゴールを奪われ劣勢となる。しかし、後半にPKを獲得すると、MFミル・ジェディナクが冷静に沈め、1-1のドローに終わった。

試合後、ポステコグルー監督が日本戦を振り返り、前半の出来に失望したとコメント。しかし、後半に良く盛り返して追いついたと語った。

「我々は反応が必要だった。なぜなら、前半が良くなかったからだ。前半は本当に失望している」

「とてもナイーブで、我々は早々に失点してしまった。終始話をしていたが、日本の得点後の反応は、私が期待していたものではなかった」

「我々は45分間を無駄にした。我々の方法で本当に何をすべきか、反応を見るテストだった」

「ポジティブなものはあった。ただ、国際舞台では先制点がとても重要になる。日本は後ろに引いて守り、我々を難しくした。特に前半は我々に失望したし、本当に動かなかった」

「局面を打開するのは我々次第だった。そして、彼らは非常に良く成し遂げた。新しい発見もあり、学ぶ必要があるものだった」