グループ首位に立つオーストラリア代表のホームで試合に臨んだ日本代表。既に最終予選で1敗を喫していることを考えれば、ここでの敗戦は避けたかった。結果は1-1のドロー。結果以上に、日本代表には手応えを感じた。

オーストラリア戦後の記者会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「後悔は全くしていない」と試合の感想を述べた。ここまでの最終予選3試合に比べ、日本は落ち着いた試合の入りを見せ、前線から最終ラインに至るまで、特に中盤では強度を強め、オーストラリアを自由にさせなかった。

その流れの中で迎えた5分、自陣に戻ったFW原口元気がボールをカット。MF長谷部誠がボールを拾うと、少し貯めを作って1トップに入ったFW本田圭佑に縦パス。それと同時に原口は走り出し、本田からの絶妙なタイミングで出されたパスに抜け出て先制点を奪い切った。

『縦に早いサッカー』とハリルホジッチ監督が常に口にするが、このシーンはまさにその言葉を体現したものだった。この試合は右サイドにFW小林悠を置き、トップ下にMF香川真司、ボランチの一角にはMF山口蛍を起用した。さらに、ケガ人により選択肢が狭まった左サイドバックには、攻撃を得意とするDF太田宏介ではなくDF槙野智章を起用。指揮官の狙いは明白だった。

これまでの空中戦に頼った戦い方から変貌を遂げているオーストラリアに対し、日本は中央を固める作戦に出た。長谷部、山口のボランチに加え、サイドに入った原口、小林が献身的な守備対応を見せることで、オーストラリアの推進力を奪った。サイドバックのDF酒井高徳、槙野も落ち着いた対応を見せていた。まさに、『デュエル』の部分で負けなかった証だろう。

ゴールシーンに繋がった守備以外にも、オーストラリアのホールホルダーに対する寄せの早さや、前を向かれた際のDF吉田麻也、DF森重真人の守備対応はほぼ完璧だったと言える。さらに、奪ってからのボール運びも、この3試合とは異なり、縦の関係を上手く利用したダイレクトパス交換などが随所に見られた。オーストラリアの決定機はほぼゼロ。細かなミスは起こっていたが、前半は見違える出来だった。

後半に入り、オーストラリアのスイッチが入ったことで立ち上がりに圧力をかけられた。それでもしっかりと守っていた日本だったが、PKからゴールを献上した。妥当なPKだったが、原口のチャレンジは悪いものではなかったと思う。

試合を通してブロックを作り、カウンター狙いに徹した日本は、小林のヘディングシュートなど追加点を奪うチャンスも作っていた。勝利が欲しかった試合内容ではあるが、オーストラリアとアウェイで戦っている以上、勝ち点1でも問題なかった。むしろ、試合内容としては、最終予選の4試合でベストだったのではないだろうか。

個人的に最も評価したい部分は、“アウェイ”での戦い方を見せたことだ。日本はこれまで“アウェイ”での戦い方を得意とせず、ホームでもアウェイでも変わらない戦い方を見せていた。もちろん、それで結果を出せればいいのだが、そうでないことの方が多かった。世界で戦うには時にはリアリストになることも重要であり、それはユーロ2016を見ても分かる通り。守ってカウンターという戦い方で結果を残した国はご存知のとおりだ。

もちろん、手放しで喜んでいるわけではない。攻撃の組み立て方、フィニッシュの精度、クロスの精度…課題は数多いだろう。しかし、ハリルホジッチ監督がチームを作り上げている過渡期と考えれば、一定の結果をオーストラリア相手に示せただろう。そして、進んでいる道は間違っていないことを感じさせてくれたように思う。

采配についても多くの意見が見られるが、目指していたものを考えれば妥当とも言える。最後のカードとして先制ゴールの原口に代えてDF丸山祐市を選択した。確かに、勝利を目指すためには、FW齋藤学という選択肢もあっただろう。しかし、あの時間帯で目指したのは、守備のリスクを軽減することだったはず。試合を通して集中した守備を築いてきた中で、得点を目指すためにバランスを崩すプランはなかったはずだ。浅野のカウンターで一発という狙いはあったが、人数をかけて崩す前に、オーストラリアに逆転ゴールを奪われていたかもしれない。ハリルホジッチ監督は、プラン通り勝ち点1を獲りに行ったのだろう。

主力を負傷や出場停止で欠き、普段とは違うゲームプランでオーストラリア戦に臨んだ日本代表。勝ち点があと2つ取れていれば言うことなしだったが、試合の流れから決めたプランを遂行できたことは大きいだろう。当然、ホームでのオーストラリア戦は同じゲームにはならない。きっと、ハリルホジッチ監督は勝利を目指して戦うはずだ。

来月のサウジアラビア代表戦で最終予選は折り返すこととなる。このオーストラリア戦での戦いを無駄にしないためにも、1カ月後のホームゲームまでチームとして同じ道を進み、勝利を掴むためにしっかりと準備をしてもらいたい。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》