Jリーグは12日、2017シーズンのJ3クラブライセンス判定結果を発表した。

現在J3に所属するクラブからの申請について、ブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C.横浜、SC相模原、藤枝MYFC、鹿児島ユナイテッドFC、FC琉球の7クラブに対してJ3クラブライセンスを交付することを発表した。

また、グルージャ盛岡については、経営状況を中心に引き続き事実確認を行っているため、11月理事会で継続審議を行うことになったと発表された。

なお、J3クラブライセンスに関しては、現在JFLに所属するヴァンラーレ八戸FC、アスルクラロ沼津、奈良クラブの3クラブにも交付されている。3クラブは11月の理事会でJリーグ入会が承認され、JFLの競技成績で順位要件(JFL4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)を満たせば、J3リーグへの参加が認められる。