アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフとエバートンの元イングランド代表MFガレス・バリーの2選手が、2017年のギネスブックに名を残すようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

1955年に初めて出版されたギネスブックは、20以上の原簿で1億3600万部販売されている。その2017年版に、チェフとバリーの記録が掲載されるようだ。

チェフが記録したものは、プレミアリーグの歴史上で最も多くのクリーンシート(無失点試合)を記録したとのこと。2015年12月28日のボーンマス戦でアーセナルが2-0と勝利したが、この試合でデイビッド・ジェームズが記録していた174試合を更新した。

バリーの記録は、プレミアリーグで最も多くの試合に先発した選手とのこと。17歳の時にアストン・ビラでデビューしたバリーは、2016年5月11日に行われたサンダーランド戦で、572試合目の先発出場を果たした。なお、デイビッド・ジェームズは571試合に先発しており、2つの記録を抜かれてしまったことになる。

なお、バリーは、フランク・ランパード、ライアン・ギグスに次いで、プレミアリーグで600試合出場を達成した3人目の選手となっている。