レアル・マドリーは12日、ドイツ代表MFトニ・クロース(26)との契約を2022年6月30日まで延長することで合意したことを発表した。

バイエルン下部組織出身のクロースは、2014年の夏に6年契約でマドリー入り。中盤の低いポジションであるピボーテを主戦場に、ここまで公式戦108試合に出場。2014年にはFIFAクラブ・ワールドカップ、そして昨シーズンはチャンピオンズリーグ制覇を経験している。