チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは12日、スティーブ・ブルース監督(55)の就任を発表した。

29年ぶりに2部降格の憂き目に遭ったアストン・ビラは、ここまで1勝7分け3敗の19位と苦戦。ロベルト・ディ・マッテオ前監督を3日に解任していた。

一方、ブルース監督は補強方針を巡ってシーズン前の7月22日にプレミアリーグ昇格を果たしたハル・シティを退団。イングランド代表監督就任の噂もあったが、現在はフリーとなっていた。アストン・ビラの指揮官就任が決まったブルース監督は公式サイトにて以下のように語った。

「素晴らしいチャンスだ。アストン・ビラはイングランドのビッグクラブの一つ。そのクラブの監督を任されたとういことだ。ここ数年の不運な流れを変えたい。このチャンスを私が生かせれば良いね」