WBAは13日、U-18イングランド代表MFサム・フィールド(18)と2020年6月30日までの新契約を締結した。今季までの契約だったため、実質4年延長したことになる。

8歳からWBAの下部組織に所属するサム・フィールドは、2015年6月にトップチーム昇格すると、2015-16シーズン最終節のリバプール戦でプレミアリーグデビュー。今シーズンはここまでリーグ戦2試合に出場している。

今回の契約延長についてWBAを率いるトニー・ピュリス監督は「サムは素晴らしい才能を持っているし、大きく成長している。彼には素晴らしい未来があり、彼が新契約にサインしたことはとても喜ばしいことだ」とコメントしている。