レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、15日に行われるリーガエスパニョーラ第8節のベティス戦でメンバー入りするようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

マルセロは9月21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のビジャレアル戦で右足を負傷。約2週間の離脱が見込まれていた。

レアル・マドリーでは現在、MFカゼミロ、MFルカ・モドリッチ、DFセルヒオ・ラモスが負傷離脱中。それだけに、マルセロの復帰は朗報だ。

ちなみに、レアル・マドリーは直近の公式戦4試合連続ドロー中。マルセロはチームに活力をもたらすことができるのだろうか。