J2のジェフユナイテッド市原・千葉は14日、今月8日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第35節、京都サンガF.C.とのホームゲームで、違反行為を行ったサポーター4名に入場禁止処分を科したことを発表した。

千葉は、J1昇格プレーオフ進出を懸けた京都とのホームゲームを0-3で完敗し、試合後に選手たちがホームゴール裏で挨拶を行った際には、サポーターと一部選手が口論に発展するなど、後味の悪いゲームとなった。

今回発表された4名の違反者に対しては、ピッチへのペットボトル投げ込みにより試合を中断させた1名、選手へ太鼓バチを投げつけた1名にホームゲーム8試合の入場禁止処分。また、フィールドへの拡声器の投げ込み、フィールドへのタオルマフラーの投げ込みを行った2名には、ホームゲーム2試合の入場禁止処分が科された。なお、当該期間に行われるアウェイゲームに関しても、同様に入場禁止となる。