2016 JリーグYBCルヴァンカップ決勝を翌日に控えた浦和レッズが14日、前日公式練習を行った。

決勝の会場となる埼玉スタジアム2002のサブグラウンドと、埼玉スタジアム2002で約1時間15分に渡ってトレーニングを行った浦和。トレーニング後、FW武藤雄樹が記者の質問に応対。決勝の舞台への意気込みを語った。

FW武藤雄樹(浦和レッズ)
──コンディションはいかがですか
「コンディションは1番良い状態を作っていますし、すごく楽しみにしているので、この一戦で自分がどのようなパフォーマンスを出せるのか楽しみにしています」

──ガンバ大阪が相手ですが、直近のリーグ戦では4-0で勝利しています。ガンバ大阪への思いは
「リーグ戦では凄く良いゲームができた自信はありますが、それ以上に今までは何度も悔しい思いをさせられて来ました。こういったトーナメントの一発勝負で経験値があるチームなので、僕たちも気を引き締めないといけません。ただ、最高のパフォーマンスが出せれば、必ず勝てると思います」

──勝つために大事なことは
「僕たちがボールを持つ時間が長くなると思います。カウンターを食らうことを気をつけないといけませんし、1つのミスを突くのが上手いのがガンバだと思います。そういった隙を見せないように、90分間集中して戦いたいと思います」

──自身が決勝で狙っているプレーは
「ゴールを決めて勝利に貢献したいと思います。ガンバの守備は堅いと思いますが、何度もチャレンジして必ずゴールを決められるように頑張りたいです」

──優勝すれば2003年のナビスコカップ以来となりますが、チームとしてはどの様な雰囲気か
「あと一歩という所で何度も何度も敗れてきています。僕たちにはタイトルが必要だと思いますし、1つ獲れれば、上のレベルにグッと近づけると思います。選手もそうですし、サポーターもみんなタイトルを欲しがっていると思うので、必ずタイトルを掴みたいと思います」

──決勝に向けた意気込みを
「たくさんの応援もあると思いますし、浦和レッズサポーターの後押しを受けて、埼玉スタジアムでできることも嬉しいです。自分たちのベストなプレーを見せたいと思います」