2週間前に行われた前節ではユベントスがエンポリに快勝して首位を快走。一方でナポリがアタランタに不覚を取って今季初黒星を喫し、ユベントスとのポイント差が4に広がった。そして、ローマvsインテルのビッグマッチはローマが2-1で制し、上位追走への挑戦権を手にしている。迎える第8節の注目試合は土曜日22:00キックオフのナポリvsローマだ。

アタランタの前に惜敗して今季初黒星を喫した2位ナポリ(勝ち点14)は、新エース候補のミリクが代表戦で左ヒザのじん帯を断裂する大ケガを負ってしまい、3〜4カ月の離脱が決まってしまった。既にチームにフィットし、イグアインの穴を埋める存在となっていただけに、ナポリにとっては痛恨の負傷離脱となった。代役のガッビアディーニにかかるプレッシャーは相当あるが、ミリクの穴を埋めることはできるか。

一方、インテル相手に優勢に試合を運んで勝利を取り戻した3位ローマ(勝ち点13)は、ストロートマンとブルーノ・ペレスの両主力が負傷のため欠場。バックラインに負傷者が多い中、しっかりと守ってサラーのスピードを生かしたカウンターでナポリを沈めたい。

公式戦4連勝と安定したチーム力を発揮しているユベントスは、2戦連続ノーゴールで2連敗中と元気のないウディネーゼをホームに迎える。3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中、代表戦の疲労を考慮してボヌッチとダニエウ・アウベスを完全休養とし、アルゼンチン代表として2試合を戦ったイグアインがベンチスタート予想となっている。一方、代表戦でふくらはぎを痛めたキエッリーニと、1カ月戦列を離れていたベナティア、代表戦2試合で4ゴールを叩き込んだマンジュキッチらの先発が見込まれる。そして、左ヒザの十字じん帯を断裂して半年の離脱を強いられていたマルキジオが招集メンバー入りしている点も見どころの一つとなる。

ローマに敗れて公式戦2連敗の7位インテル(勝ち点11)は、1ポイント差の10位カリアリをホームに迎える。ここ2試合連勝と好調な相手に対して、インテルとしてはリーグ戦4連発から2試合ゴールのない休養十分のイカルディや、イタリア代表で活躍したカンドレーラらに期待が懸かる。脳震とうで代表を離れた長友は引き続きベンチスタート予想となっている。

最後に苦手サッスローロとの打ち合いを制した3位ミラン(勝ち点13)は、同勝ち点のキエーボとのアウェイ戦に臨む。代表戦でキャプテンのモントリーボがヒザの十字じん帯を断裂する大ケガを負ってしまった中、代役の若手MFロカテッリのゲームメークに注目だ。また、南米予選帰りの得点源バッカがベンチスタート予想となっており、代役のラパドゥーラに移籍後初ゴールが生まれるかにも期待したい。代表戦で試合勘の乏しさを露呈した本田は引き続きベンチスタート予想となっている。

◆セリエA第8節
10/15(土)
《22:00》
ナポリ vs ローマ
《25:00》
ペスカーラ vs サンプドリア
《27:45》
ユベントス vs ウディネーゼ

10/16(日)
《19:30》
フィオレンティーナ vs アタランタ
《22:00》
サッスオーロ vs クロトーネ
ラツィオ vs ボローニャ
インテル vs カリアリ
ジェノア vs エンポリ
《27:45》
キエーボ vs ミラン

10/17(月)
《27:45》
パレルモ vs トリノ