プレミアリーグ第8節チェルシーvsレスター・シティが15日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-0でチェルシーが快勝した。レスターの岡崎はベンチ入りしなかった。

前節ハル・シティ戦を3バック採用で2-0と勝利してリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした7位のチェルシー(勝ち点13)は、ウィリアンが母親の死去に伴い欠場。代わってペドロを起用した。負傷が癒えたテリーはベンチスタートとなった。

対するレスター(勝ち点8)は、前節のサウサンプトン戦をゴールレスドローで終え、12位と波に乗れていない。3日後にチャンピオンズリーグのコペンハーゲン戦を控えるチームはマフレズとスリマニがベンチスタートとなってムサとシュラップを起用した。そして、日本代表に合流し、左足首を痛めた岡崎は欠場となった。

前節同様、[3-4-3]の布陣で臨んだチェルシーは開始7分にあっさり先制する。右CKをニアのマティッチがヒールで流すと、ファーサイドでフリーとなっていたジエゴ・コスタが左足で押し込んだ。先制後もポゼッションして試合を支配するチェルシーは、両ウイングバックのマルコス・アロンソとモーゼスが高い位置を取ってレスターに圧力をかけていく。

28分にはダビド・ルイスの直接FKが左ポストに直撃する決定機を演出したチェルシーは33分に突き放す。マティッチの縦パスは相手DFにカットされたものの、ルーズボールをジエゴ・コスタが体勢を崩しながらも前線にパスを送ると、これをうまく処理したアザールがボックス右へ侵入。飛び出したGKシュマイケルを外してゴールに流し込んだ。

ハーフタイムにかけてもペースを握るチェルシーは、41分にもダビド・ルイスの直接FKがGKシュマイケルを強襲。レスターに何もさせず前半を2-0で終えた。

後半からチェルシーに合わせて[3-4-3]に変更したレスターが前がかる中、チェルシーは57分にカウンターからモーゼスが決定的なシュートを浴びせた。これはGKシュマイケルの好守に阻まれると、64分にピンチ。ダビド・ルイスのクリアしたボールが自陣のポストに当たった。

後半に入って押し込む展開としたレスターは、67分にムサとシュラップに代えてマフレズとスリマニを投入。そのレスターに対し、チェルシーは73分にジエゴ・コスタの右クロスのルーズボールをボックス右のカンテがシュート。しかし、モーガンの好ブロックに阻まれる。

攻勢に転じるチェルシーはさらに78分、マティッチのドリブルシュートでゴールに近づくと、80分に決定的な3点目を奪う。モーゼスのパスに反応したチャロバーが見事なダイレクトヒールパスを見せ、モーゼスへリターン。ワンツーを受けたボックス右のモーゼスは確実にシュートを流し込んで3-0とした。そのまま快勝したチェルシーが2連勝としている。