2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたG大阪のMF倉田秋が、PK戦で唯一失敗したルーキーのFW呉屋大翔をについて言及。FW宇佐美貴史(現・アウグスブルク)を引き合いに出し、ジョークを交えながら副主将らしくフォローした。

MF倉田秋(ガンバ大阪)
「思ったよりもグラウンドの状態が悪かった。前から行って、相手に繋がれるよりもシンプルに蹴って、セカンドボールを拾っていくことを意識した。1点目は、(FWアデミウソンが)本当に良く個人技で行ってくれたと思う。(グラウンドの状態が)本当にヤバかった。ボコボコやったし、ホンマにビックリした」

──FW呉屋大翔がPKを失敗してしまったが
「まあ、いいんじゃないかな。ああいうところで蹴る経験ができたわけだし。みんなが蹴りたくないっていた中で、アイツが蹴りたいって言って志願したわけだし、それで外したんなら、それは全然OKだと思う」

──みんな、PKを蹴りたがっていなかったのか
「結構言っていた。ハル(DF藤春廣輝)とか、(FW長沢)駿とかが『ちょっと自信ないっす』って感じで。僕からしたら『蹴れや。ここまで頑張ってきたんだから』って思うけど(笑)。僕だったら、1番に蹴らしてもらいたい(笑)」

「けど、(チームが)そういう経験ができたのは良いこと。ロッカールームで、(呉屋が)すぐにみんなから『お詫びしろ』ってイジられていた(笑) 僕らはこういうチームだから大丈夫でしょ。救われるんじゃないかな。誰も呉屋のことを悪いと思っていないし。しゃあない」

──0-4で敗れた前回の対戦から決定的に違った部分は何か
「単純に、戦う部分で全然違った。ボール際のところもしっかりといけていたし、ただ引くだけではなく、前からもしっかりといけていた。やっぱりこういう戦いをしないとなと。サイド攻撃は相手の特徴。そこを自由にさせてしまったら、相手のペースになると思っていた」

「だから、僕と(MF大森)晃太郎に関しては守備がメインになってしまっていた部分はあったけど、うまく守ることはできていた。そこからカウンターから何回かチャンスもあったし、もう1、2点取れれば良かった」

──監督が『こんなにも清々しい決勝での負けは初めて』とおっしゃっていたが
「全員、最後の方で足がつっていた。(力を)出し尽くした感はあったから、ロッカールームでもあんまり落ち込んだ雰囲気がなかったし、監督も僕らに『次々』としか言っていなかった。(呉屋は)全く泣いてもなかった。謝りもしなかったし、メンタルも強いから、大丈夫でしょ。(FW宇佐美)貴史は泣いていたのに(笑)」