2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたG大阪のFW呉屋大翔が、失敗したPKのシーンについて「「泣きたくはなかった」と回想。何度も「責任」との言葉を発し、「次はゴールという形でレッズにもタイトルというところにも借りを返したい」と力強く誓った。

FW呉屋大翔(ガンバ大阪)
「ガンバを背負って(PKを)蹴ったので、自分自身の中ですごく責任を感じている。正直なところ、まだ気持ちの整理がついていない。でも、自分の中でこの経験を絶対に無駄にしてはいけないという風に考えて、もっともっと頑張っていかないといけない」

──監督から『蹴らしてほしい』と立候補してきたと聞いたが
「(シュートが右ポストを叩いた)あのチャンスを決め切れなくて、その思いを込めて、蹴らしてもらった。本当に責任を感じている」

──ペナルティスポットに立った瞬間はどういう気持ちだったのか
「自信はあった。でも、やっぱり外してしまったということは、あの雰囲気にのまれていたということ。正直、そこでくよくよしていても意味がない。周りからも言われたように、しっかりと前を向いて、もう1回いちからやっていく」

「今度は僕がもっとチームのタイトルに貢献できるようなプレーをしていかないといけないと思うので、ゴールという形でレッズにもタイトルというところにも借りを返したい」

──1年目から緊迫した試合出ることができたという収穫はあるか
「周りからしたら、良い経験という風に思われがちだけど、僕自身は良い経験で終わらせてはいけないと思っている。責任あるPKキッカーという役割を果たせず、チームに迷惑をかけ、サポーターにも悔しい思いをさせてしまった。良い経験どころか、しっかり自分の糧として、プレーで返していかなければならない」

──PKのシーンを振り返って
「もうちょっとGKが動くかなと思っていた。それが目に入って、中途半端なキックになってしまった。まだまだ自分の実力が足りないなと感じた」

──監督が自身のPKシーンを振り返り、『新人があの場面で失敗すると泣き崩れることが良くあるが、呉屋はそうじゃなかった。気持ちが強い』と述べていたが
「泣きたくはなかった。泣いたら、僕よりも悔しい思いをしている人がいると思うし、それよりもあの悔しさを噛み締めて次に繋げたかったので」