2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたG大阪のFWアデミウソンが、今日の浦和戦でファンを魅了した約50mの独走弾を「勝利と変えられるのであればそうしてもらいたい」と本音をポロリ。しかし、残されたタイトルへの戦いに向け、頭を切り替えた。

FWアデミウソン(ガンバ大阪)
「今は、このゴールを勝利と変えられるのであればそうしてもらいたいという気持ち。今日の僕らは、チーム一丸となって戦った。次の試合に切り替えて、準備をしていきたい」

──ゴールシーンを振り返って
「とにかく、前にボールを運ぼうということを意識してプレーしていた。後ろに下げるだけではなく、ターンをしたりして、ボールを運ぶことをイメージしてね。相手の背後にスペースもあったし、あの場所にボールを運びたかった」

──来日初年度の昨年よりもプレーに成長の跡がうかがえるが
「常に成長することは意識している。ゲーム毎にでもそうだ。まだこれからも成長していかなければならい。自分の納得できないプレーが続けば、もっと自分自身に高いものを要求している」