2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、浦和のMF関根貴大がミックスゾーンで取材に応じ、試合を振り返った。

MF関根貴大(浦和レッズ)
──左サイドに行ってから狙えそうな感覚はあったのか
「右で出る準備をしていたのですが、早い段階で左に行くことになりました。やることが若干違うので、その辺りを少し整理しながら自分の良さを出せればと思っていました」

──ガンバに先制されると良い成績はこれまでなかったが
「先制された形はいつもやられている形でしたし、そこはもう少しなんとかできたかなと思います。入りもあまり良くなかったので、前半に関しては良い形で自分たちのサッカーはできなかったと思います」

──李忠成選手の同点ゴールが決まった時は気持ちが変わったか
「勢いづきましたし、よりサイドの崩しが重要になってくるのは分かっていたので、最後まで自分の役割を果たそうという思いがありました」

──相当疲れたと思いますが
「それは全員だと思いますし、全員がハードワークして最後まで諦めずに戦った結果がやっと報われました。そこは良かったと思います」

──PK戦に関しては
「蹴っても良かったんですが、足もつっていたので最後の方でした」

──PK戦で決着つくのは初めて?
「ピッチでは初めてです。優勝が決まった瞬間にベンチではなくピッチに立っていたことが嬉しかったです。内容はもっと良くできた部分はありますが、今日は結果が全てだと思っていました。ホッとした気持ちと、悔しい気持ちもあります。何よりもサポーター、レッズに携わってくれている全ての人が喜んでくれたと思うので、自分たちにとっても良かったと思います」