2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、浦和のFWズラタンがミックスゾーンで取材に応じ、試合を振り返るとともに、自身にとっても初タイトルとなる勝利を喜んだ。

FWズラタン(浦和レッズ)
──前線でキープして味方に繋いでいたが
「こういったゲームは自分の全てを尽くすのみなので、自分がどれだけ苦しんだとしてもチームが最優先でした。カップを手にしたとき、選手全員の努力の価値があるものですし、重さを感じました」

──前線での頑張りがPK戦に繋がったと思うが
「僕にできたことは、やったつもりです。チームがそこまで粘って戦ってくれたお陰で、今日の勝利、カップを掴めたと思います。非常に120分間タフな試合でしたし、難しい試合でした。延長戦を終えてPK戦になり、今日の試合で自分たちが失っていた要素を取り戻すことができたと思います」

──同点ゴールの際にニアで潰れていたと思うが
「自分はニアに突っ込んで、ボールがどこに飛んだかも分からないぐらいでした。僕が入ったことが効果的だったことは良かったです。ニアポストに飛び出すことは僕の特徴の1つですし、生かせて良かったです。クロスも素晴らしかったです」

──昨シーズン獲れなかったリーグタイトルを掴むためにもリーグ戦は重要になると思うが
「最も重要な試合になります。そのためにも今日の試合はカギになるかもしれないものだったかもしれません。今日の勝利、カップが残りのリーグ戦で僕らを強くしてくれる要素があると思います。そう言いながらも、1つ1つの試合にフォーカスしてきたので、残り試合、タイトルではなく1試合1試合を見ていきます」

──日本に来て初タイトルとなったが
「昨シーズンはゼロックススーパーカップ、チャンピオンシップ、天皇杯と色々なタイトルを取りこぼしてきました。悔しい気持ちでしたが、今は上回ることができて嬉しく思っています。僕だけでなく、監督、スタッフは僕よりもタイトルを勝ちこぼしてきたと思うので、彼らを賞賛したいと思います。今までの努力が今日の結果、内容に繋がったと思います」