2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたG大阪のMF遠藤保仁が、「PK戦も実力のうち」と述べ、淡々と浦和戦を振り返った。

MF遠藤保仁(ガンバ大阪)
「どっちが勝っていてもおかしくなかった試合だった。PKも実力のうち。良いゲームをしながらタイトルを取れなかったというのは残念だけど、浦和を称えたい」

──前から行く守備がハマっていたが
「前半は多少ボールを持たれても積極的に狙っていくのは考えていたし、多少アバウトなボールであっても相手のラインを下げるという面で効果的だった」

「実際、それがうまくハマっていたし、リーグ戦で負けたときはそれがなかった。リーグ戦に比べれば、だいぶ修正できたかなと」

──自身の動き出しが相手を混乱させていたように見えたが
「できる限り相手の嫌なところにポジションを取ろうとは思っていたし、できる限りアデミウソンと近い関係でということも考えていた」

(動きは)悪くなかったし、実際に先制点も取ることができていたので、プラン通りに(試合を)進めることができていた」

──後半の頭はやや押し込まれたが
「後半の入りはあまり良くなかった。ただ、僕は1点リードしていたし、1点取られてもOKとは考えていた。たとはいえ、セットプレー(からの失点)だったので防げたなと」

「けれど、僕たちも(攻撃の)形が減っていたので、あの辺に関してまだまだ課題かなと思っている」

──後半の頭から相手が出てくることはわかっていたと思うが
「耐えながらカウンターを狙ったり、嫌なところでボールキープをしようと。まあ、途中から良くなったとは思うけど、後半の最初の10、15分はあまり(僕らの入りが)良くなかった」

──相手につけいる隙を与えてしまったということか
「流れはあるので、相手の流れのときもある。そこで耐えるかどうかは大きな差になる。実際、うまく耐えることはできていた」

「セットプレーで追いつかれはしたが、慌てることなく戦うことはできていたと思う。すごく大きな問題があったかどうかは振り返ってみないとわからないけど、行ったり来たりのゲーム展開以外はうまくできていた」

──自身のプレーで意識していたことは何だったか
「一番は裏へのアクション。それは相手にボールを取られても、強引にやっていくというのが狙いの一つだった。何度か良い形もつくることができていた」

「できる限り、ボールが通れば、アデミウソンを起点に時間をつくることは意識していた。もちろん、うまくできていなかった時間もあったが、全体的にはそんなに悪くなかった」