2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、浦和のDF槙野智章がミックスゾーンで取材に応じ、試合を振り返るとともに、試合中に修正できたことが勝利に繋がったとコメントした。

DF槙野智章(浦和レッズ)
──試合を振り返って
「まさか120分間行くとは思いませんでした。我慢することと、今までのこういった大会、ルヴァンカップや天皇杯、ゼロックススーパーカップもそうですが、先制されたときに自分たちがバランスを崩して、結局そこで負けてしまったという反省、決勝での悔しい経験が、我慢する時間帯、そして追いつけて良かったです」

──少し試合中に雰囲気が変わった様な気がしたが
「前半の早くに失点しましたが、絶対に追いつけると思っていましたし、ボールの動かし方、相手が嫌がっている様子も見えていました。時間の問題かなと思っていました」

──前半と後半で戦況が変わっていたように見えたが
「攻撃に厚みを加えるということを(後半は)意識しました。ボールの動かし方のところで、阿部選手を落とさないところです。前半はボランチの選手を最終ラインに落として、ボールを動かしていましたが、後の3枚でボールを動かすことで中盤を厚くすることに変えました」

「相手のアデミウソン選手に対して、森脇選手を1つ前に上げて、槙野と遠藤でしっかりとリスクマネジメントすることでセカンドボールを拾うこと、攻撃に厚みを加えることを変えました」

──ハーフタイムに監督が叱ったと言っていたが具体的には
「大会に対してタイトルを獲りたいという気持ちが前半は見えなかったということと、ここ最近自分たちがやってきた試合からの流れが、ボールの動かし方とか、切り替えの部分、球際でのバトルなど色々な局面が良くないと指摘されました。後半は違うチームになりました」

──色々な選手が出て決勝まで来て、決勝を任されましたが
「個人的には代表に参加していて、予選も残っている選手の活躍を見ていました。監督から、代表から帰ってきたときに起用すると言われたんですが、コンディションは言い訳にならない。それだけのプロフェッショナルの部分を見せて欲しいと言われました。個人的にはプレッシャーもありました。ただ、言い訳もできませんし、今までプレーしてきた選手たちが僕たちが帰ってくることでベンチに追いやってしまいました。面白くはないと思いますが、彼らもベンチでしっかりとチームの勝利に対して応援してくれたし、背中を押してくれました。勝利、タイトルに向けて団結していたなと思います」

──今日の試合は殻を破く良いキッカケになったのでは
「今までタイトルに手が届いていたのに掴みきれなかったのが自分たちでしたが、展開として成長したかなと。先制点を獲ってガンバに追いつかれていたら違う結果になっていたと思います。李選手が入ってきて速攻決めるという面白い展開でもありました」

「合言葉ではありましたが、阿部選手が『ゴールに対して貪欲になるな。MVPを狙いにいくな。いつもどおりの自分たちで、いつもどおりの戦い方をしよう』とキャプテンに言われました。その中で唯一、その言葉を無視して、ゴールを獲りたいMVPを獲りたいと言っていたのが李選手でした」

「先輩ではありましたが、僕も若いときに決勝前に自分が点を獲りたい、ヒーローになりたい、MVPを獲りたいと思っていましたが、なんでこの人は分かっていないんだろうなと思っていました(笑)。でも、持っている男だなと思いましたし、交代で入ってきた時の目つきと、放たれるオーラは感じました」