2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じたG大阪のGK東口順昭が、「自分の力のなさに腹が立つ」とただただ悔しさを滲ませた。

GK東口順昭(ガンバ大阪)
「PKは見せどころでもあったし、『絶対に負けたくない』という気持ちもあったので、自分の力のなさに腹が立つ。チームを勝たせることができなかったので、すごく悔しい」

──失点シーンについて
「(FW長沢)駿の後ろに良いボールが入ってきて、あそこで先に触られるのはGK的には嫌だったから、出たら先に触られてしまったという形。そこの判断力と集中力が失点に繋がってしまった」

──チームとしてリーグ戦での反省を生かした戦いを見せられていたが
「球際で負けていなかったし、先制点も奪えていたので、明らかにリーグ戦のときとは違った展開だった。あの戦い方ができれば、常に勝てるチャンスはある。それを生かせず、残念な結果になってしまった」

──カウンターに迫力があったが
「耐える時間が長かったけど、その中でも数本カウンターのチャンスもあった。ディフェンスラインも粘れていたし、最後に入ったらどうかというシーンもあっただけに、すごく悔しかった」