2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じた浦和のMF宇賀神友弥が、負傷交代でピッチを早々に退いた中、ベンチ裏でテレビを通じてチームメートの戦いを見て、成長の跡を感じたことを明かした。

MF宇賀神友弥(浦和レッズ)
「(ベンチ裏に下がってから)テレビで見ていた。後半は自分たちの時間が続いた中で、点が取れないという流が続いていた。正直、今までの流れでいったら、内容的にも負けゲームだったかなと」

「あそこで同点に追いつけたことが、僕らに勝負強さが付いてきた証拠だと思う。決めきれない中で、じれることなく2失点目を喫しなかったていう部分にチームの成長を感じた」