2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じた浦和のFW興梠慎三がクラブ加入4年目にして初のタイトルを手にした心境を明かした。

FW興梠慎三(浦和レッズ)
「個人的には調子が悪かったから、気持ちだけは見せようと、とにかく走りまくった。でも、ガンバさんは守備がうまい」

「裏も取らせてくれないし、足下にボールが入ってもボランチが詰め寄ってきて。なかなか自分のプレーをさせてもらえなかった」

「選手交代も3枠使っていたから、自分が最後まで出なければいけない状況だった。どうにかして自分に点が欲しいなと思っていたが、両足がつっちゃって全然動けなかった」

「でも、PK戦になったときに、FCソウル戦と同じような状況だった。あのときにPKを蹴れなかったことを後悔していたので、今回は『俺が行く』と言って蹴らせてもらった」

──PK戦を振り返って
「PKに関して、よく運だとか言われがちだけど、コースに落ち着いて蹴れば入る。GKとの駆け引きもあるだろうけど、全員が決めることができて良かった」

──自身がハーフタイムに鼓舞したと聞いたが
「鼓舞はしていないけど、とりあえず今までの傾向だと失点したら2点目を取られて試合を終わらせられる展開があった」

「だから、『これ以上点を入れられなければ、絶対にFW陣が1点を取るから』と。結果的に、点を取ることができたし、ディフェンス陣が耐えてくれたのも良かった」

──浦和加入後初タイトルについて
「個人的にも、レッズに来て4年目で初めてのタイトル。今までタイトルが取れるところで取れなかったので、そういう悔しさもあり、このタイトルは嬉しかった」

「周りのチームメートを見てみると、初タイトルを取った人たちが泣いていたので、『俺もそうだったな』と上から目線で見てしまっていた。でも、今のチーム全員で喜べたのが嬉しい」