2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じた浦和のFFW高木俊幸が、長らく優勝から遠ざかっていたチームのタイトル獲得の要因について語った。

FW高木俊幸(浦和レッズ)
「裏も出させてもらえないし、裏に供給してもボランチのプレスも早くて、苦しめられた。でも、後半は1点を相手がリードしていることもあり、守備的にくるだろうし、僕らにチャンスが増えそうだなと。その結果だと思う」

──優勝の要因はあるか
「みんなの力がそれぞれ発揮されたのは大きかった。1人が際立ったというわけでもなかったし、僕のようにベンチだった選手が点を取り出したりとか、みんなの力が1つになったから結果が出たのかなと」