2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じた浦和のMF柏木陽介が、淡々と優勝の瞬間を振り返った。

MF柏木陽介(浦和レッズ)
「長すぎて試合の入りは忘れました」

──監督と言葉を交わしたか
「言葉はなかったです」

──監督にタイトルをとの思いが誰よりも強かったのではないか
「とりあえず、周ちゃん(GK西川周作)と、(DF遠藤)航をほったらかしは失礼やろと思って、前に行ったけど…。ほとんどが真っ先にミシャのとこへ行っていた」

──PKキッカーに入っていなかったが
「PKは蹴らない。基本的に、僕はPKを蹴らないんで」

──同点弾のシーンついて
「李(忠成)を狙ったわけではなくて、東(口順昭)が前に出てくる傾向があるし、あそこらへんに蹴れば…と思っていた。それを決めてくれて良かった。やっぱり決勝の舞台で持っている男なのかなと」

「でも、点を取った後、イケイケムードなりかけていたから、李に落ち着けと。ミスも多かったけど、決定的なシュートシーンには李が絡んでいました」

──今までと今回の違いはあるか
「負けている状況で攻め急がなかったことが大きかった。1点は取れるという自信はあったし、そういうところでチームとしてゲームをコントロールすることができました」

「サポーターから『前に急げ』って急かされてブーイングを受けるときもあるけど、そういうときって必ずボールを奪われてカウンターを受けていたから、中盤でタメをつくってみんなを前に上げることを意識しました」