2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応じた浦和のDF森脇良太が、後半アディショナルタイムの決定機阻止の場面を「危機一髪だった。こういうことを危機一髪と言うのか」と笑いを交えて回想。続けて、このタイトル獲得がチームをさらに成長させるキッカケになると自負した。

DF森脇良太(浦和レッズ)
──後半アディショナルタイムの決定機阻止の場面について
「もし相手に詰められていたら、僕は分が悪かった。もしかしたら、押し込まれていたかもしれなかったし、頼むから入らないでくれという願いと、相手に来ないでくれという思いで(ボールを)掻き出した。(ボールは)ライン上だったし、危機一髪だった。こういうことを危機一髪と言うのかと。追加副審がしっかりと見てくれていたので良かった」

──監督にタイトルをとの思いが誰よりも強かったのではないか
「良くなかった。言い訳してはダメだが、本来の自分たちのあるべき姿ではなかった。ボールの走りも全然で、そこに違和感もあった。でも、1点取られても必ず逆転できるという思いはあったので、慌てることはなかった。1点は取られたけど、我慢して後半を迎えることができた」

──監督との付き合いが長い選手の一人だが
「こんなに嬉しいことはそんなにないんじゃないかと。素晴らしい監督であることは間違いないけど、タイトルを取れないことによって、周りの見る目も薄れるというか。もちろん、今日の試合もベターにサッカーをしなければいけなかったけど、これまでのレッズのサッカーのスタイルは賞賛されてもおかしくはない」

「あと、自分たちに足りないのはタイトルだけだと思っていたので、それを達成できたというのはこれ以上にない喜び。PK戦でだったけど、監督もそうだけど、浦和ももっともっと評価されても良いチームだと思っている。これを機に、レッズが一つ殻を破ってというか、突き進んでいけそうか気がする」