2016 Jリーグ YBCルヴァンカップの決勝戦、ガンバ大阪vs浦和レッズが15日に埼玉スタジアム2002で行われ、延長戦を終えて1-1で迎えたPK戦を4-5で制した浦和が2003年以来2度目のリーグカップ優勝を果たした。

試合後、浦和のDF遠藤航がミックスゾーンで取材に応じ、失点シーンを振り返るとともに、優勝を決める5人目のキッカーになった経緯を明かした。

DF遠藤航(浦和レッズ)
「内容自体は失点のところ以外は悪くなかったと思いますし、シンプルにこのチームが目指していたタイトルを獲れたことは嬉しかったですし、みんなで喜べたことが嬉しかったです」

──失点シーンはFWアデミウソンの前で獲りたいという欲が出た感じか
「そうですね。前で奪えると思って前に出ましたが、思ったより今日のピッチの感じでボールの伸び具合がなく、足を出したタイミングではボールがまだアデミウソン選手に渡りそうじゃないタイミングでした。タイミングは悪かったです。もう1つ身体を前に入れて取れれば良かったです。あとは、遅らせる対応をすべきだったかなとも思います」

──抜かれた時にファウルするという考えはなかったか
「立ち上がりということもありましたし、森脇くんのカバーもあったと思います。ハーフウェイライン付近だったので、そこの判断は難しかったです。身体を当てられたのもあったので、ファウルを貰えればというのも少しありました」

──0-1の状況が長い中、焦りとかを感じたりはしたか
「それはなかったです。後ろはこれ以上やらせないと、槙野くんと森(脇)くんと話していましたし、カウンター食らって2失点目をするのが最悪のパターンでした。(興梠)慎三さんも後半入る時に、これ以上失点しなければウチのほうがチャンスが来るし点を獲ると話していました。僕たちはそれを信じて後は守るだけでした」

──アデミウソン選手から長沢駿選手に代わった時の対応は
「アデミウソン選手は前半調子が良くて、僕も抑えるのに手を焼いていましたが、後半は相手も長いボールが多くなって、アデミウソン選手のところで起点を作りづらくなって、長沢選手を入れて高さでスラしながらというイメージだったと思います」

「そこの対応は、槙野くんの方が競り合うシーンが多かったと思いますが、競り負けずにセカンドも拾えていました。交代があったからといって、やることはそこまで大きく変えなかったことが大きかったと思います」

──PK戦では5人目でしたが順番はどうやって決めたのか
「順番は蹴る5人は監督から指名されていました。その中に僕も入っていました。1番目は阿部さんが蹴るなと思っていて、ACLの時に僕は2番目に蹴っていたのでそれぐらいかなと思っていたんですが、慎三さんとか、ズラ(タン)が早いところで手を挙げて、そのまま手を挙げるタイミングを失ったというのもあります(笑)。2番目、3番目に行くなら任せて、4番目か5番目となったら5番目の方が良いかなと。忠くん(李忠成)が手を挙げて、決まりました」

──5番目が良いと思った理由は
「とくにはないですね。なんとなく。試合を決める状況になる可能性も高いなと思いましたし、その状況の方がイメージしやすかったです。4番目だと繋ぐイメージなので、そのメンタルよりは、決めたら勝ちか、決められなかったら負けるという割り切りがあったほうが良いかなと思いました」 

──予想通り試合を決めることになりましたね
「両方イメージはしていました。(西川)周作くんが止めてくれてからは、自分が決めて勝つなというイメージをずっとしていました。蹴る瞬間は落ち着いていましたし、サポーターのみなさんの声援とか、歩いている時に選手が声をかけてくれたので、思いとかを瞬間瞬間で考えていました。逆にそれが、自分に蹴る勇気を与えてくれたというか、最低限決めるのがあそこでの僕の仕事だったと思います」