レアル・マドリーは15日、エスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われたリーガエスパニョーラ第8節でベティスと対戦し、6-1で圧勝した。

公式戦4試合連続引き分けとドロースパイラルから抜け出せない2位マドリーは、15位のベティスとのアウェイゲームで5試合ぶりの勝利を目指す。だが、カゼミロ、モドリッチという主力MFに加え、代表戦でキャプテンのセルヒオ・ラモスが離脱を強いられたチームは、相変わらず守備陣に不安を残す。そのため、この試合では代表戦で共にゴールを挙げたベイルとクリスティアーノ・ロナウドを擁する“BBC”の躍動が期待された。

試合は開始早々の4分にいきなり動く。相手陣内左サイドでFKの場面でクロースがインスウィングのクロスを入れると、これをゴール前のヴァランが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込んだ。敵地で最高の時間帯に先制したマドリーは、先制直後にもイスコの右クロスをファーサイドでフリーのC・ロナウドが左足で合わせるが、これを枠に飛ばすことができない。

その後もサイドを起点に相手を押し込み続けるマドリーだが、時間の経過と共に攻撃が停滞していく。だが、ワンチャンスを逃さない試合巧者は、前半終盤にかけてゴールラッシュを見せる。

まずは31分、カウンターからクロースのスルーパスに抜け出したボックス左のベンゼマが冷静にGKとの一対一を制す。さらに39分にはゴール前で味方のシュート性のボールを肩でトラップしたマルセロがすかさずシュートを流し込み、3点目。極め付けは45分、自陣低い位置からのロングカウンターで左サイドを突破したC・ロナウドのクロスをファーに走り込んだペペが丁寧に折り返し、これをゴール前のイスコが難なく流し込んだ。

ヴァラン、マルセロ、イスコの今季リーグ戦初ゴールで4点のリードを得たマドリーだが、これで気持ちが切れたのか、後半立ち上がりはゾズリャ、セフードとハーフタイム明けに2選手を投入してきたベティスに押し込まれる。すると55分、ゴール前にスルスルと抜け出してきたセフードにGKケイロル・ナバスとの一対一を決められ、1点を返される。

失点後もややチグハグな戦いぶりが目立つマドリーだったが、イスコのゴラッソでトドメの5点目を奪う。62分、ボックス右に抜けだしたC・ロナウドの折り返しはゴール前に飛び込んだベンゼマにわずかに合わないが、これをボックス左で拾ったイスコが右足のコントロールシュートをゴール右上隅に流し込んだ。

その後、コバチッチ、ベンゼマと疲れの見えた選手をベンチに下げたマドリーは、78分に途中出場のモラタのアシストからC・ロナウドがリーグ戦5試合ぶりとなる今季2点目を奪い、試合は6-1でタイムアップ。敵地で6発圧勝のマドリーが、ようやくドロースパイラルから抜け出し、公式戦5試合ぶりの白星を手にした。