J1のサンフレッチェ広島は15日、MF茶島雄介が左内転筋損傷で全治4週間と診断されたことを発表した。

茶島は、13日に行われたトレーニング中に負傷。15日に広島市内の病院で検査を受けた結果、左内転筋損傷と診断された。

茶島は、今シーズンのリーグ戦22試合に出場し、2ゴールを記録していた。