ヘーレンフェーンは15日、エールディビジ第9節でフローニンゲンとのアウェイゲームに臨み、3-0と快勝した。日本代表MF小林祐希はフル出場を果たしている。

試合は7分にゼネリのゴールでヘーレンフェーンが先制に成功する。すると36分には、プレーとは関係のない場面で小競り合いを起こしたダビッドソンが一発退場となり、ヘーレンフェーンは数的優位となる。

結局前半は1点リードで終えるも、73分にS・ラーションが追加点を奪取。すると76分にはメミシェヴィッチが2度目の警告により退場し、フローニンゲンは2選手少ない状況となった。

ヘーレンフェーンは82分にグーチャンネジャドにもゴールが生まれ、そのまま3-0で試合は終了。直近の6試合で5勝1分けと好調を維持している。