シャルケに所属するスイス代表FWブリール・エンボロが左足首を骨折したことを発表した。ケガの具合などは明かされていないが、改めて検査を行うとのことだ。

エンボロは、15日に行われたブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦に先発出場。しかし、アウグスルクのDFコスタス・スタフィリディスのタックルを受けて負傷。24分にFWクラース=ヤン・フンテラールと交代していた。試合後の初期検査により、左足首を骨折していることが判明した。

また、対戦相手のアウグスブルクも公式ツイッターを通じてエンボロへのメッセージを投稿。「FCA(アウグスブルク)はブリール・エンボロの幸運を願っている。すぐにプレーができる様に、我々は早期復帰に向けて後押ししたい」としている。

今夏にバーゼルからシャルケに加入したエンボロは、ここまでブンデスリーガ7試合に出場し2得点を記録していた。