16日に正田醤油スタジアム群馬で行われた明治安田生命J2リーグ第36節のザスパクサツ群馬vsV・ファーレン長崎は、ホームの群馬が3-0で勝利した。

16位につける群馬と、13位に位置する長崎の一戦。序盤から拮抗した展開で進む中、長崎が41分、坪内のボールカットから高橋が強烈な右足のミドルシュートで均衡を破る。

1点リードで後半を迎えた群馬は56分に追加点。船津からの縦パスを瀬川が収めて左に展開すると、これに反応した高橋がシュートを放つ。これ相手にディフレクトしてゴールマウスに吸い込まれた。

リードを2点差に広げた群馬は、前がかりとなった相手の攻撃に耐え続けると、後半アディショナルタイム3分に、79分から出場のイ・ガンウがダメ押し弾。快勝の群馬は2試合ぶりの白星で3戦負けなしとした。