インテルは16日、セリエA第8節でカリアリを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、1-2で敗れた。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 5.0
好守もあったが、2失点目は珍しく軽率なミス

DF
15 アンサルディ 5.5
1本イカルディに好クロス供給も大半のクロス精度を欠いていた

(→ヨベティッチ -)

25 ミランダ 5.5
的確なカバーリングを続けていたが、1失点目はメルキオッリに付ききれず

24 ムリージョ 5.0
2失点に関与。守備を締められず

21 サントン 5.5
高い位置を取っていたが、効果的なプレーは少なかった

MF
87 カンドレーバ 5.5
サイドから打開を狙うも実らず

(→エデル -)

6 ジョアン・マリオ 6.5
移籍後初ゴール。シンプルなパスワークでゲームを作る

17 メデル 5.5
リスク管理を徹底

19 バネガ 5.5
一定のキープ力とパスワークで好機を幾つか生み出す

(→ニュクリ 5.0)
凡庸なプレーぶりだった

44 ペリシッチ 6.0
先制ゴールをアシスト。攻撃の起点に

FW
9 イカルディ 5.0
PK失敗に加え、68分の決定機を逸す

監督
F・デ・ブール 5.0
単調なサイド攻撃を続けて公式戦3連敗

カリアリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ストラーリ 5.5
枠内シュートは少なかった

DF
19 ピザカーネ 5.5
守備重視でペリシッチに対応。54分の決定機はオフサイドに阻まれた

23 チェッピテッリ 6.0
攻守のセットプレーで存在感

2 ブルーノ・アウベス 5.5
PK献上もそれ以外は安定

29 ムルル 6.0
カンドレーバをよく抑えた

MF
16 ムナーリ 5.5
守備に追われた

(→イスラ 6.0)
終盤、カウンターの起点となっていた

8 ディ・ジェンナーロ 6.5
巧みな左足を駆使して攻撃を牽引。同点弾に絡む

(→バレッラ -)

77 タフツィディス 5.5
気の利いたパスは供給できずも守備面で貢献

20 パドイン 6.0
攻守によく働いた

FW
9 メルキオッリ 6.5
同点弾を決め、逆転のオウンゴールを誘発

25 サウ 5.0
攻撃面で仕事できず

(→ボッリエッロ 6.0)
フィジカルの強さを生かして存在感

監督
ラステッリ 6.5
前半は防戦一方だったが、後半にギアを上げて逆転勝利

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メルキオッリ(カリアリ)
ディ・ジェンナーロも良い働きを見せていたが、2ゴールに絡んだストライカーを選出。フィジカル面でインテル守備陣に引けを取らなかった。

インテル 1-2 カリアリ
【インテル】
ジョアン・マリオ(後10)
【カリアリ】
メルキオッリ(後26)
OG(後40)