インテルの元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(23)に対して、アーセナルとナポリが獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

今月に入ってインテルとの契約を2021年まで延長したイカルディだが、先日発表した自叙伝の中で2015年2月に起きたサポーターとの問題について言及。サッスオーロとのアウェイゲームの試合後に自身のユニフォームをインテルサポーターの陣取る一角に投げ込んだものの、最終的に投げ返されたと記述し、当時のインテルサポーターに関しても辛辣な言葉で綴っていた。

そして、この自叙伝の内容を知ったインテルのウルトラスは、このサッスオーロ戦後に起きた出来事がイカルディの創作であり、嘘つきはキャプテンに相応しくないと痛烈に非難。その後、予想外の事態に焦ったイカルディは、自身の『インスタグラム』で火消しに走るも、16日にジュゼッペ・メアッツァで行われたカリアリ戦ではゴール裏のスタンドに「お前は男じゃない! お前はキャプテンではない!」と、同選手を非難するバナーが掲げられるなど、インテリスタは謝罪を受け入れない姿勢を見せている。

『フットボール・イタリア』によると、今回の事件を受けて、今夏の移籍市場でもイカルディの獲得に向けて6000万ユーロ(約68億4700万円)を準備していたアーセナルが、同選手に対する興味を再燃させたという。さらに、アーセナルと同様に獲得を画策していたナポリも、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの負傷もあり、イカルディへの興味を再び持ち始めていると主張した。

イカルディはインテルとの契約延長に合意した際に、1億1000万ユーロ(約125億5300万円)の契約解除条項が付けられた模様。しかし『フットボール・イタリア』は、今回のイカルディの件を受けて、この金額を引き下げてでも他クラブに売却する可能性があると指摘している。