来年1月の移籍市場で、チェルシーが新たなストライカー獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、興味を抱いているのはトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(22)とのことだ。

昨夏にパレルモから完全移籍でトリノに加入したベロッティは、昨シーズンのセリエAで35試合に出場し12得点を記録。昨シーズンまでトリノで指揮を執っていた、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の下で今年からイタリア代表に招集。10月9日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のマケドニア代表戦では代表初ゴールを記録した。

エースとしてプレーするベロッティに対し、トリノは新契約を提示する準備をしているとのこと。今シーズンのセリエAでも5試合で5得点を記録するなど得点能力の高さを発揮しており、2021年までの新契約を結びたいようだ。なお、移籍金には5000〜6000万ユーロ(約57億1400万円〜約68億5700万円)を設定するようだ。