リバプールのユルゲン・クロップ監督が、17日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのナショナル・ダービーを振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

リバプールは17日、プレミアリーグ第8節でユナイテッドをアンフィールドに迎えたナショナル・ダービーを戦った。ホームのリバプールとしては勝ち点3が欲しかった一戦だが、GKダビド・デ・ヘアの好守もありゴールレスドローで試合を終えている。

試合後、試合の感想を求められたクロップ監督は、結果に満足していないことを強調。勝利に値するパフォーマンスを見せていたと口にした。

「少しいろいろな感情が入り混じっている。この結果には満足できないね。チームの力を考えればもう少し良いプレーができたと思う。若干のミスがあった。ただ、相手には決定機を与えていない」

「我々はチャンスを作っていたが、デ・ヘアが素晴らしい仕事をした。勝利に値するパフォーマンスだったと思っている。一方で守備に関しては、クリーンシートは良いことだ。これだけは満足できるものだった」