日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャのホルヘ・サンパオリ監督が、18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節のディナモ・ザグレブ戦に向けた前日会見に出席した。

ユベントスと並び勝ち点4で首位に立つセビージャ。しかし3位のリヨンとは勝ち点1差のため、最下位のディナモ・ザグレブ戦では勝利が求められる。

サンパオリ監督は、どちらにとっても勝ち点3が欲しい試合だとの認識を示し、自分たちが優位な立場に立っているとは考えていないことを強調した。

「我々にとっては決勝トーナメント進出を目指す上で落とせない試合だ。一方で、相手にとっても今後の戦いに臨みを繋ぐラストチャンスとなるだろう。難しい試合になると予想している」

「我々が有利との見方もあるが、私はそうは思わない。確かに選手の質は良いかもしれないが、セビージャが有利だと思わない。大事なことはチームとしてプレーすることで、それが勝つための唯一の方法だ。ディナモにもクロアチアの有名選手がいるし、彼らに敬意を示している」