ユベントスのコロンビア代表MFフアン・クアドラードが、自身の決勝ゴールに満足感を示している。『フットボール・イタリア』がイタリア『メディアセット』の内容を報じている。

ユベントスは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節でアウェイのリヨン戦に臨んだ。前半にはPKを献上し54分にはマリオ・レナミが退場するなど苦しい戦いを強いられるも、0-0で迎えた76分にクアドラードが決勝ゴールを奪い、1-0で勝利した。

試合を振り返ったクアドラードは、決勝ゴールについて「神に感謝したい」とコメント。次のように続けた。

「あの場面はルックアップした時に、自分の前には誰もいなかった。中央にも人がいなくて、だから僕はミサイルを撃ち込んでやろうと思ったんだ。成功して本当に良かったよ」

「リヨンは素晴らしいチームで、とても難しい試合になったね。僕らも数的不利ながらキャラクターを示すことができたと思う」