レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節のコペンハーゲン戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

ここまでCL2連勝と勢いに乗るレスターがホームにコペンハーゲンを迎えた一戦。40分にリヤド・マフレズのゴールで先制すると、このゴールが決勝点となりレスターが3連勝を飾った。なお、日本代表FW岡崎慎司は85分からピッチにCLデビューを飾っている。

ラニエリ監督は選手たちの戦いぶりを「誇り高い」と評して次のように称えた。

「プレミアリーグでは非常に腹立たし状況だが、CLに関しては誇り高いと思っている。ただ、この状況はある程度予想できていた。CLという大きな舞台では、いつも以上の力が出たりするものだ。一方で、リーグ戦ではやや気が抜けてしまう。それだけこの大会に力を注いでいるということだ」

「ただ、我々のプライオリティはプレミアリーグにある。当然CLでは良い位置に付けている。どちらにせよ、運命はすべて我々の手の中にある」